新型コロナウイルス感染症対策規約
※本大会は新型コロナウイルス感染症対策を講じて実施いたします。以下の新型コロナウイルス感染症対策規約に必ず同意の上お申し込ください。また、申し込みを行うチーム代表者は、チーム全員に下記内容を周知していただきますようお願いいたします。

  • @ 会場内では係員の指示に従って行動してください。
  • A 大会当日、体温が37.5℃以上の場合、当人は参加をご遠慮ください。大会当日は、会場入口にて参加者全員検温を行います。
  • B 以下の事項に該当する場合は、自主的に参加を見合わせてください。
  • [ア]新型コロナウイルス感染症陽性とされた者との濃厚接触があった場合
  • [イ]体調が万全でない場合(例:発熱・倦怠感・咳・咽頭痛などの症状がみられる場合)
  • [ウ]同居家族や身近な知人に感染が疑われる方がいる、もしくは濃厚接触者に該当する場合
  • [エ]過去 14 日以内に政府から入国制限、入国後の観察期間を必要とされている国、地域等への渡航又は当該在住者との濃厚接触がある場合
  • C 厚生労働省が推奨する新型コロナウイルス接触確認アプリ(COCOA)の登録をお願いします。
  • D こまめに手指消毒を行ってください。
  • E スタート方法は混雑回避のためグループごとに間隔を空けてスタートします。なお、計測チップにより、スタートの順番に関わらず、平等にタイム計測が可能です。
  • F 競技上の注意事項等は代表者会議、会場アナウンスにてお知らせいたします。
  • G イベント参加者は全員、走行中以外はマスクを常時着用してください。マスクは各自でご用意ください。
  • H ハイタッチや大声での会話、応援はご遠慮ください。
  • I タオルの共用、飲料の飲みまわしはしないでください。飲食は最低限とし、飲食中の会話は控えてください。
  • J ゴミは各自でお持ち帰りください。
  • K ゴール時はアンカーの方1名でのゴールとなります。(チーム全員でのゴールは不可)
  • L チームの待機場所は新丸広場内とし、事前に大会事務局がエリア指定します。指定エリア以外への移動はお控えください。またエリア内でも隣との距離を十分にとった上で、他チームの方へのご配慮をお願い致します。
  • M 感染拡大状況によって、対策内容、運営方法が変更となる場合があります。随時お知らせいたします。
  • N イベント終了後2週間以内に新型コロナウイルス感染症を発症した場合は、主催者に対して速やかに濃厚接触者の有無等について報告してください。

新型コロナウイルス感染症対策への取り組み

※感染拡大状況によって変更となる場合があります。

スタッフ、ボランティアスタッフの安全対策
◆大会に関わるスタッフは以下の対策を行います。
• 大会当日、37.5度以上の発熱や、咳や倦怠感など風邪等の症状が見られるスタッフは参加しません。
• 出勤時は検温と体調チェックを行い、手指消毒、マスクを常時着用します。
参加者への注意喚起
◆参加者には以下の注意喚起を行います。※別途「新型コロナウイルス感染症対策規約」を定める
• 体調がすぐれない場合は参加辞退を促します。
• 走行中以外はマスクを着用とし、こまめな手指消毒を促します。
会場内での対応について
◆会場内では下記の対策を実施します。
【手指消毒液】
• 会場内では各所に手指消毒液を設置します。
【救護体制】
• 医師、看護師が会場に常駐し、体調がすぐれない参加者がいた場合は速やかに対応します。
【入場口について】
• 新丸広場の出入口である、河北門下、黒門口、大手門口に検温スタッフを配置し、参加者は全員、非接触式検温計で検温します。検温済みマークのリストバンド等を着用し区別します。
【チーム受付について】
• 受付窓口はアクリル板、透明ビニールカーテン等で遮蔽いたします。
• 受付スタッフは、アルコール消毒のうえ、使い捨てのビニール手袋を着用します。
【更衣室について】
• 更衣室は定期的に使用を中断し、換気の時間帯を設けます。
• 室内の密集を回避するため、入室人数を制限します。
• 更衣室内ではマスクを着用していても、極力会話をしないように促します。
【手洗い場】
• 手洗い場(トイレ)にはポンプ式の石鹸を設置します。
• 手を拭くためのペーパータオル(使い捨て)を設置します。もしくはマイタオルを使用してください。
【ゴミ箱】
• ゴミ箱は、給水所以外は設置しません。原則各自で持ち帰りをお願いします。
• 給水所のゴミを回収するスタッフは、マスク、手袋を着用し、密閉して処分します。
運営方法
◆開会式、表彰式
• コロナ感染状況を考慮し、可否を検討します。
◆チーム待機場所
• 各チームの待機場所は新丸広場内とし、事前にエリア指定します。指定エリア以外への移動は控えるよう促します。
• エリア内では、隣のチームと間隔を空けて場所をとり、選手同士は2m(最低1m)の間隔を空けるよう促します。
競技方法
◆コース
• 例年の対面通行があるコースから、一方通行のコースへ変更します。
◆スタート
• 混雑緩和のため、グループ分けし、段階的にスタートします。
◆タスキリレー
• リレーゾーンでは、他のチームと間隔を空け、タッチや大声での応援は自粛を促します。
◆ゴール
• ゴールはアンカー1人とし、メンバー揃ってのゴールは禁止します。
◆走行中
• 前後の走者となるべく間隔を空けるよう誘導します。
• ハイタッチなど、接触を伴う行為は禁止とし、大声での会話や応援は自粛を促します。
【お問い合わせ】
「利家とまつ」金沢城リレーマラソン実行委員会事務局
電話:076-260-3581
このページトップへ